結婚式の準備に必要な引き出物選び|予算をしっかり決めておこう

結婚式の準備に必要なこと

招待客へのお返しの品

レディ

恋人との結婚が決まると、次に考えるのは結婚式を挙げようということではないでしょうか。最近ではジミ婚という言葉も出てきており、あまり盛大な式を好まない人も増えているようですが、それでも何らかの形でゲストを招いてお祝いの場を設けるケースは多いのではないかと思います。式の大小を問わず招待客に対してはなるべく失礼のないよう楽しんで帰ってもらうのが礼儀ですが、そのために頭を悩ませることの一つが引き出物です。引き出物を選ぶにあたっては、まず最初に予算を決めることが重要です。ホテルなどで挙式をする場合には、あらかじめカタログが用意されているケースが多いのですが、予算が決まっていないと目移りしてしまってなかなか決めることができなくなります。一般的には食事と併せてご祝儀の半返しといったところが相場ですので、ご祝儀が3万円程度だとすると食事が1万円超で引き出物は3000円から4000円程度であれば失礼のない品を選ぶことができます。予算が決まって引き出物を選ぶときには、受け取る人が独身か既婚かに配慮した方がよいでしょう。独身であれば一人でも使えるものを、既婚であれば配偶者と一緒に使えるものを選ぶのがスマートです。現在では、カタログギフトを贈るという方法もあります。カタログギフトは、贈られた相手が様々な品物からほしい商品を選ぶことができるというものです。贈られた相手にとって本当にほしいものを贈ることができるという理由から、多くの新郎新婦が利用しています。引き出物をどれにしたらよいか迷ってしまうという人は、カタログギフトを検討してみるのもよいでしょう。

渡す意味や定番の品

会場

日本では、結婚式や披露宴でゲストに対して引き出物と引き菓子とを渡すことが一般的となっています。これらはどちらも、来てくれたことに対する感謝の気持ちを伝えるために渡すギフトです。さらに、結婚祝いを貰ったことに対する謝意も含まれています。引き出物には多くの場合、結婚式の記念となる小物が選ばれています。たとえば、新郎新婦の名入りのケースに入れた食器やタオルセットなどです。どちらもその後の生活で長く使ってもらえますし、そのたびに結婚式のことを思い出してもらえるため、引き出物の定番となっているのです。一方引き菓子については、日持ちする上に食べやすい小さな菓子が渡されています。泊りがけで出席したゲストや一人暮らしのゲストのことを考慮して、日持ちしない生菓子や大型の菓子以外のものがよく選ばれているのです。定番は手の平サイズのバウムクーヘンで、1週間ほどは保存できることが多い上に、一人でもスムーズに食べきることができるので人気があります。また樹木の年輪に似た形状をしていることから、末永く幸せを続かせるためにもよく選ばれています。この他、カラフルなドラジェやマカロンや金平糖なども、引き菓子の定番とされています。こういった記念の品と菓子とを配れば、ゲストはより晴れやかな気持ちで帰路に就くことができるようになります。出席を良い思い出にしてもらうためにも、引き出物も引き菓子も、結婚式や披露宴には必要不可欠なアイテムとなっています。

プラスワンアイテムとして

プレゼント

以前であれば、引き出物セットの基本は、引き出物と引き菓子と縁起物でした。しかし、最近では縁起物に限らず、プチギフトを引き出物セットに入れる人が増えてきています。プチギフトは、引き出物セットの中で最も費用負担を減らすことができる部分でもありますし、最も趣味を生かせる部分でもあります。引き菓子は一般的にはバームクーヘンが基本で、年輪のようにカップルが年月を重ねられるようにという意味合いがあります。そのため、個性を演出するにはプチギフトは欠かせないアイテムとなりました。プチギフトの意味合いとしては、式場から帰る際にゲスト達にお礼として新郎新婦から手渡しをする小さな手土産です。お菓子もそうですがちょっとした雑貨を選ぶ人も徐々に増えてきています。このプチギフトの相場は大体200円から500円程度です。ただ、1点は安くても多くのゲストを呼ぶ場合は費用面でかかってくるものになるので、きちんと予算を組んでからプチギフトを選ぶようにしてください。また、プチギフトは引き菓子のように何か明確は慣習というものは存在しないので、新郎新婦が自由に決められます。人気なのは、ドラジェと呼ばれるアーモンドをチョコでコーティングしたお菓子です。このお菓子は幸せのおすそ分けという意味もあり、諸外国で昔からお祝いごとに使用されてきたものです。ゲストがそこまで多くない場合は、手作りのお菓子というのも思い出に残って良いでしょう。お菓子作りが得意だという人は、心を込めて手作りのお菓子をプチギフトとして贈りましょう。少し予算を追加しても良いという場合には、ゲストそれぞれの名前を入れたプチギフトも人気です。お酒のミニボトルにゲストの名前を刻んだり、石鹸に名前を刻んだものは、ゲストから大変好評です。

感謝の気持ちを込めて

着物の女性

結婚式で両親に渡す記念品は、高価なものにこだわらず、いかに感謝の気持ちを伝えられるかが大切です。花や出生時と同じ体重の品物、手紙や賞状、食べ物やお酒、旅行など様々あります。お互いの両親が喜び、思い出として残る記念品をプレゼントしたいですね。

もっと読む

ゲストに喜ばれる贈り物

婦人

引き出物で人気が高いのはカタログギフト・食器類・ タオルセット・食品詰め合わせなどです。普段自分で購入しないブランド品などを贈るとどの世代にも喜ばれます。引き出物の宅配サービスを利用すると重い引き出物でも安心です。

もっと読む

喜ばれる商品の選び方

新郎新婦

結婚式に両親へ贈る記念品。昔はお花だけを贈ることが多かったものの、今は記念品を贈ることもあります。旅行などの思い出に残るものやウェイトドールなどのように形に残るものなどがあります。いずれにせよ、両親の趣味嗜好を考え、感謝の気持ちが伝わるものを心を込めて選ぶことが重要でしょう。

もっと読む