結婚式の準備に必要な引き出物選び|予算をしっかり決めておこう

感謝の気持ちを込めて

思い出に残る贈り物

着物の女性

結婚式で両親に、どんな記念品をプレゼントすればいいか悩む人が多いと思います。高価なものでなければいけないという訳ではなく、値段よりも、どれだけ感謝の気持ちを表す事が出来るかがポイントです。ありがとうの気持ちを込めて、花のプレゼントがあります。生花だと、すぐに劣化してしまうので、ブリザーブドフラワーをガラスケースに入れると綺麗な状態のまま保存できるので、いつまでも元気でいてねというメッセージも込める事ができます。また、元気に産んでくれてありがとうの意味を込めて、出生時の体重と同じ重さのぬいぐるみや米俵などもユニークですし、思い出として強く残ります。他には、結婚式で読み上げる両親への感謝の手紙を綺麗な額に入れてプレゼントしたり、表彰状や感謝状、子育て卒業式証書など、少し変わった形で思いを伝える方法もあります。実用的な記念品をプレゼントしたい場合は、両親の名前や感謝のメッセージが入ったお箸や湯のみ、時計などもおすすめです。食べ物やお酒など、両親の好みに合わせて送るのも良い方法です。その他、両親に「今まで、子育てお疲れ様。ゆっくり過ごしてね。」という意味を込めて、旅行を記念品として送るのも一つの方法です。純粋にゆっくり過ごしてほしいという気持ちを込めて、温泉旅行やいつまでも新婚時代を思い出して、いつまでも仲良く過ごしてほしいという願いを込め、両親の新婚旅行先を旅行プランとしてプレゼントとする方法もあります。結婚式で、両親の感謝の気持ちをしっかりと伝え、いつまでも思い出に残る記念品をプレゼントし、「最高な結婚式だったね。」と思えるようにしたいですね。

マナーに気を付けて贈る

風呂敷

結婚式で両親に記念品を贈る場面があります。これによって日頃なかなか言えない感謝の気持ちをオリジナルギフトで伝えることができます。またグラスやボトル、フォトフレームなどに日付や名前に加え感謝の気持ちなどを文字や写真で装飾することが可能です。さらにグラスやボトルなどは乾杯するときに見る機会が多いのでとても人気があります。そうすれば両親が結婚式を思い出すことができるでしょう。また記念品にかかる費用は、物やオリジナルにする工程によって変わります。1万円から2万円かけてオリジナルギフトを用意することが多いです。高価なものも良いですが、感謝の気持ちがこもった記念品を贈ることが大切です。加えて、記念品をオリジナルギフトにすることで感謝の気持ちをしっかりとこめることができます。しかし、記念品をオリジナルギフトで贈るときに注意することがあります。実は目上の方に贈ると失礼になる物があるのです。たとえば靴下やスリッパはお手軽な値段で購入できますが失礼になってしまいます。これらは足で履くことから踏みつけるという意味があります。また万年筆などの筆記用具も失礼にあたります。実は万年筆は贈りものとして人気がありますが、目上の方に贈ることは避けましょう。その利用は万年筆には、より勤勉にという意味があるからです。時計も同じ意味がありますので気を付けましょう。また結婚式では相手方の両親もいるので、マナーを守ることは大切です。自分の両親はもちろんのこと、相手方の両親に失礼だと思われないためにも結婚式の記念品はマナーに注意して選ぶことが大切です。

形の残るものを

風呂敷

結婚式の際に、新郎新婦が両親に感謝の気持ちを述べることはよくありますが、最近ではそれと合わせて記念品を贈るケースも増えてきました。言葉や花束だけでなく、ずっと形として残るものを渡したいという思いが強くなっています。自分の両親に渡す記念品なので、豪華なモノよりも気持ちを込めたモノを選ぶカップルが多いです。予算も1万円程度にしている人が多く、両親も負担に思わない金額になります。普通の花束では数日たつと枯れてきてしまいますが、プリザーブドフラワーなら半永久的にそのままの形で飾っておけるので人気です。ボックスタイプのものが多く、結婚式会場から家まで持ち運びやすいのもおすすめです。お茶碗やマグカップなどの食器類であればいつも目につくところにあるので、新郎新婦を身近に感じられるということで人気です。両家で同じデザインのものを選べば、遠くにいてもつながりを感じることができます。また、形には残らないですが、両親が一緒に行ける旅行チケットをプレゼントするカップルも多いです。これからは夫婦水入らずの生活が始まるということで、その再スタートとして豪華な旅行を用意すると喜ばれます。両親への記念品は結婚式会場で渡すケースがほとんどなので、持ち運びしやすいものを選びます。もしも、重たすぎたり大きくなりすぎたら、自宅までの配送なども考えておくことが必要です。両親にとっては、子どもの結婚式こそが最高の贈り物になるので、何をプレゼントしても喜ばれます。だからこそ、子どもとして記念品に感謝の気持ちを込めることが大切です。

感謝の気持ちを込めて

着物の女性

結婚式で両親に渡す記念品は、高価なものにこだわらず、いかに感謝の気持ちを伝えられるかが大切です。花や出生時と同じ体重の品物、手紙や賞状、食べ物やお酒、旅行など様々あります。お互いの両親が喜び、思い出として残る記念品をプレゼントしたいですね。

もっと読む

ゲストに喜ばれる贈り物

婦人

引き出物で人気が高いのはカタログギフト・食器類・ タオルセット・食品詰め合わせなどです。普段自分で購入しないブランド品などを贈るとどの世代にも喜ばれます。引き出物の宅配サービスを利用すると重い引き出物でも安心です。

もっと読む

喜ばれる商品の選び方

新郎新婦

結婚式に両親へ贈る記念品。昔はお花だけを贈ることが多かったものの、今は記念品を贈ることもあります。旅行などの思い出に残るものやウェイトドールなどのように形に残るものなどがあります。いずれにせよ、両親の趣味嗜好を考え、感謝の気持ちが伝わるものを心を込めて選ぶことが重要でしょう。

もっと読む